はなのえん便り平成27年4月号

 待ち望んでいた春が到来し、はなのえんの敷地内にある桜はまさに桜花爛漫、見事に咲き誇っています。 天気が良い日には、面会にいらっしゃったご家族の方や職員に付き添われてご入居様が花見をされておられます。

 さて、現在、わが国は高齢化が急速に進行しております。 土浦市においては、65歳以上の高齢者人口が、昨年4月1日現在で36,098人、高齢化率は24.9%となっており、今後さらに高齢化が進行し寝たきりや認知症による要介護者が多くなり、特別養護老人ホームなどの施設に入所される方の増加が予想されています。
 なお、現在当法人が建設中の地域密着型特別養護老人ホーム「はなのえんサテライト(仮称)定員29人」は来月中には竣工し、6月には事業が開始できる見込みとなっております。
 新施設の開設によって、入居待機者の解消および本館の特養ホームはなのえんと新設の特養ホームはなのえんサテライトが一体となって、さらにサービスの向上に努め、はなのえんの名称にふさわしい、明るく、楽しい施設を目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

                                          施設長  木村 和一 はなのえん便り

はなのえん便り平成27年3月号

昨日は二十四節気の一つ啓蟄でした。 虫が這い出る時季、はなのえん正門脇の梅の花も見頃を迎え、暖かい春の到来が間近であることを感じさせています。 先月は厳しい寒さが続き、ご利用者様が体調を崩されて病院に受診され、入院された方もおられましたが、インフルエンザやノロウイルス等に感染された方はありませんでした。 なお、病院受診やデイサービスの送迎には車イス対応の福祉車両で対応してまいりましたが、1台では機動力が十分でないため先月1台増車して送迎業務の充実を図りました。 これからも、効率的な業務運営とご利用者様へのサービスの充実に努力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。                 施設長 木村 和一 はなのえん便り

はなのえん便り平成27年1月号

新年あけましておめでとうございます。

ご利用者様はじめご家族の皆様方にはお健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 当はなのえんは、平成16年8月の施設開設以来11回目の新年を迎える事が出来ました。これもひとえにご家族の皆様、地域の皆様、関係機関その他多くの皆様方のご支援、ご協力の賜と深く感謝を申し上げます。
   なお、新しい年を迎えて職員一同、はなのえんが地域に根差した施設として地域の方々に利用され、愛される施設となるように  さらに努力してまいりますので皆様方のご支援ご指導をよろしくお願い申しあげます。
 皆様方のご健康とご多幸をお祈り申しあげまして新年のご挨拶といたします。

                                施設長    木村 和一 はなのえん便り1月号

はなのえん便り平成26年12月号

 師走を迎え今年も一カ月足らずとなってしまいました。 今年は、台風、集中豪雨、御嶽山の噴火による自然災害 デング熱、エボラ出血熱のウイルス感染症が人々の関心を集めました。 「はなのえん」におきましては、昨年のようなノロウイルスの発生もなくご利用者様も平穏に過ごす事ができました。  今月下旬には、ご利用者様が楽しみにしておられるクリスマス会が開催されます。ご利用者様に楽しんで頂けるようにと、職員は趣向を凝らした歌や踊り、ゲーム、プレゼントなどを準備しているところでございます。   なお、これから寒さも増してくるとノロウイルスやインフルエンザなどの感染症が発生しやすくなりますのでご利用者様の体調管理には十分注意してまいります。            施設長       木村 和一 はなのえんだより12月号

はなのえん便り平成26年11月号

先月は 10月には珍しく2週続けて台風が上陸して各地で被害を受けました。
茨城県内でも河川が増水して避難する地域もありましたが、はなのえんでは幸い被害もなく入居者様も平穏に過ごす事ができました。

先月は2名の待機者の方が施設への入居となりました。
入居されたお二人には早くはなのえんの生活に慣れていただいて楽しく入居生活が送れますようにと職員は努めております。

今月は寒さも増してきますので、入居者様は居室から眺める高い空と風に舞う木の葉を見ながら過ごされます。
また、インフルエンザが心配になる時季になってきました。
今年も例年どおりご家族の皆様のご協力を頂いて予防接種を実施いたします。
あわせて職員も予防接種をして感染防止に注意してまいりますので宜しくお願いいたします。

                   施設長           木村 和一 はなのえん便り平成26年11月号

はなのえん便り 平成26年10月号

今年は例年になく残暑の期間が少なくて涼しい日が続き、秋が早く訪れたように思われます。
はなのえん園庭の桜の木も秋の装いになりました。
また、はなのえんから見える中央青年の家辺りの木々も秋の色に変わってきました。
はなのえんの入居者様は、澄んだ秋の空と爽やかな空気に心地よさそうに入居生活を送っていらっしゃいます。

先月20日には、恒例の敬老祭にご利用者様、ご家族様、関係者の方々が参加され、来賓の衆議院議員丹羽雄哉様からご挨拶を頂戴して盛大に開催することが出来ました。
皆様のご協力、ご支援 誠にありがとうございました。
今月は衣替え、季節の変わり目ですので入居者様が体調を崩さないよう職員一同注意してまいります。

               施設長 木村和一 はなのえん便り平成26年10月号

はなのえん便り 平成26年9月号

今年の夏は、記録的な豪雨が広島市や北海道などに土砂崩れを発生させ大きな被害を与えました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

いよいよ味覚の秋の到来です。ご入居者様もデザートの梨などの果物を喜んで召し上がっておられます。

さて、当園は先月開設10年を迎えましたが、これも偏に皆様のご支援とご協力の御蔭でございます。深く感謝を申し上げます。

今月20日は、はなのえん恒例の敬老祭が開催されます。
社会に貢献し人生を送られ今日を迎えられたご利用者様を敬い皆様と一緒にお祝いしお互いの交流を深めていただきたいと思います。
どうかご家族様お揃いで参加していただきまして、敬老祭イベントを楽しんでいただきたいと存じております。

これからは、朝晩涼しい日が増えますのでご利用者様の体調管理には十分注意してまいります。

                            施設長  木村 和一 はなのえん便り平成26年9月号

はなのえん便り 平成26年8月号

連日の猛暑ですが、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
この時期、各地で夏祭りが行われておりますが、先月27日には地元粟野町の祇園祭が行われ、はなのえんにも山車、神興と獅子舞の 巡行があり玄関前でご入居者様がお祓いを受けたりして楽しまれました。

来月20日土曜日には、はなのえん恒例の敬老祭を予定しております。暑さも来月中旬には大分和らぐことと思われますので、ご入居者様、ご家族様お揃いで参加していただき屋台の食べ物や歌、踊りなどをお楽しみいただきたいと存じております。

 以前からお知らせしています「はなのえんサテライト」の件ですが、建設工事の入札を今月18日に実施することになりました。 来月号ではその結果をお知らせしたいと思います。

 毎日暑い日が続いておりますので、ご利用者様の体調管理には十分注意してまいります。

はなのえん便り8月号

はなのえん便り 平成26年6月号

初夏に入り、木々の緑が色濃くなってまいりました。
「はなのえん菜園」では、ネギ、スイカ、ナス、ジャガイモ等が順調に育っており、その中でもジャガイモの白い花が梅雨空に水を含んでいきいきと映えています。

先月は高校野球観戦と大学応援部のエール交換を見学する外出レクリェーションや幼稚園、保育園との交換交流会等がありました。
外出レクリェーションは、ご利用者様にとって気分転換と普段接する機会の少ない方々と交流を図る事ができますので、このような場を積極的に取り入れて行きたいと思っております。

これから本格的な梅雨に入り気温や湿度の変動によってご利用者様が体調を崩しやすい時期ですので、職員はご利用者様の体調管理には十分注意してまいります。

                                   施設長  木村 和一 endayorih2606